運動が必要?テストしてみよ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

運動が必要?テストしてみよ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

運動はいつかするから・・・と、
思っていたり。
まだまだ大丈夫と思っている場合。


ほんとに大丈夫か?
確認するために
ひとりで
テストしてみるといい。





普通のイスから
反動をつけずに

片足で立ち上がる。
そのまま3秒ふらつかない。


手は
そうね胸のあたりがいいかな。

どこに手があってもいいのだけれど
反動のお手伝いになって欲しくないので
気をつける。

脚と腹筋の力だけで
せーの!ってしない!
勢い付けないで!

すっと
立ち上がることができるか?


どちらか片方の足でいいけれど
できれば
男性は40歳から69歳。
女性は30歳から69歳。
ということ。



できなければ、
トレーニングを開始しないとならない。




普通の椅子は
だいたい40センチくらい。

では、
その半分の高さのイス。20センチ。
子供の(赤ちゃん椅子)高さで
両足で手を使わずに勢いをつけずに立てるか?

立てなかったらもう、危険信号。
痛みがともなうのなら調べたほうがいい。



国もロコモティブシンドローム対策を打ち出している。

よく聞く
ロコモ・・・・って。
運動器の障害による移動機能の低下が起きている状態を
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)という。
つまり、
歩くことや階段を使うこと
しゃがんだり立ち上がったりする能力が
衰えてしまうこと。


人は動いて
動物の仲間。

運動器が元気でいるには
やはり

運動をしたほうがいい。

ロコモ度1は
筋力やバランス力が落ち始めている。
始まりです・・・・老化の。

つまり、テスト結果としては、
ふつーの椅子から
片足ですっと反動なしで立てないということ。



ロコモ度2は
生活は自立してできている!

低下は進行している。

20センチの高さのいすや台から
手で支えたり反動なしで
両足でも立てない。ということ。


先日、ロコモ対策の
気楽な?レッスンに
85歳の女性が来てくれて
「(レッスン)するとね、若い時みたいにカラダが軽くなるのよ。
うれしくてね。腰が痛いのもどこかにいっちゃうの」
と言ってもらえた。

私も嬉しいです。





このロコモ度詳細チェックは
ロコモ度テストhttps://locomo-joa.jp/check/test/
で見られます。
ロコモチャレンジより↓(画像拝借)




Comments are closed.