KARATEエクササイズ vol.3空手基本立ち方

KARATEエクササイズ vol.3空手基本立ち方

空手の基本の動きには
無駄がないというか。
意味がありすぎてすごい。
エクササイズに変身する前の
基本を少しカンタン解説する。
立つ。
これだけでもエクササイズになってしまう。
すごい所作。
さんちんだち。
三戦立とも参戦立とも書くらしい。
私が教わった流派は三戦立と書く。
立つ姿だ。まずは、
ただ立つ。
{CF6A410E-06D6-421C-B243-021DEAAD2F7C:01}

次に
内側に締める=ハの字に足の向きを変える。

{226FFDD0-05E0-4401-88BA-82AA33395C91:01}

右足を
半円を描くように左足の前まで大きく動かしながら

{53900E6E-DC1D-48E6-AF57-E01B4CA7ED7F:01}

もとに戻す。

{EE823462-C6B5-40CD-B12D-87A89432AF08:01}

戻した時に
右足を少しだけ前に出して立つ。
もちろん内側にしぼったまま。
これが三戦立。

これと別に騎馬立というのがある。

{7A6C6F90-CCAE-4AC7-BBD6-592C19AC5B67:01}

すごく安定していて
素人が腕を回しながらパンチしても身体がぶれない。

でも、
このポーズなかなか厳しい。
見るからにエクササイズだ。

けど、
三戦立のほうが
エクササイズとして
意味が深かった。

右パターンと
左パターンがあるらしい。

問題は、
片足で立ち、
片足が半円を描く動作は
不安定になる。
この一度不安定になった体制から
安定へと体を戻す。
軸を
身体に覚えてもらうのだ。

軸を覚えるというのは
コアを鍛えることにもつながるけど、
もっと自分の自然体をも導くことにもなる。

そして、
騎馬立ちと同様、
足をしめている(腹もしまる&おしりもしまる)ので
当然エクササイズとなる。

下半身が
ぐっと
しまったところで、
上半身を動かすと・・・・
ねじれに始まるエクササイズ効果がUP
これは、攻撃として
回転を使って突くために効果的な立ち方だという。

エクササイズにも効率よく使われる立ち方の2種基本解説。

少しおまけで。
座る・立つの所作について。

空手の基本所作には無駄がなく、
筋肉の緊張が要求される。
ただ、すわる。
ただ、立つ。
きまりがある。
すわるとき、右ひざを床につける。
{2005AB0C-64D9-485B-95D1-E0722D627E16:01}

左ひざはあとからおり、
正座をする。
正座から立ち上がる時、
左ひざをまず立てる。
それから右ひざを床から離す。
これは、
正座をする途中でも
すぐに攻撃態勢に移行できるためだそうだ。
次の動きにさっと!

{BD074C1B-6ECF-41CF-B3DD-1D18805817E7:01}

左足を軸にさっと立ち
右足が後ろにあるので反動をつけなくても
右足が勢いをつけて蹴り上げることができる。

正座をして
お願いします!とあいさつから始まる時も
攻撃所作が含まれている。

 

 

 

Comments are closed.